Archive for category 学会誌

21世紀東アジア社会学第7号

表紙・目次

特集:東アジアにおける人の移動と多文化共生
南誠 / 特集「東アジアにおける人の移動と多文化共生」の紹介
伊豫谷登士翁 / シティズンシップからみた「多文化共生」の両義性
戴英華 / 多文化共生――米国の多文化主義を通して見る日本の課題
飯笹佐代子 / 豪州の「対ボートピープル戦争」――変幻自在で脱領土化する排除の「境界」
陳天璽 / 虹のメタファーから多文化共生を再考する
佐々木てる / 外国人・移民の国民編入――在日コリアンの社会的移動から考える
南誠 / 中国帰国者と多文化共生――アンケート調査の結果を手がかりに考える

論文
張玉玲 / 在日華僑社会の文化的変動と血縁・地縁紐帯の拡大――神戸在住の福清出身華僑の事例を中心に――
許燕華 / 移動する中国朝鮮族――移動パターンの視点から
高橋孝治 / 中国における郵便事故――郵便関連法規の日中比較の視点から「国民性」による説明への疑義
翟一達 / 中国国民の「民主主義」に対する認識の実証研究
郭莉莉 / 中国農村高齢者の養老問題――都市近郊の「失地農民」に焦点を当てて
伍嘉誠 / Religion and Wellbeing in Hong Kong: Statiscal Analysis of Hong Kong Dataset 2013 of World Value Survey
シェリンアイ・マソティ、大谷順子 / 中国新疆におけるウイグル人女性の双語使用状況について
杜穎 / 中国人養父母の生活世界――表象を超えて

編集後記・投稿規定・奥付・裏表紙

21世紀東アジア社会学第6号(2014年)

【重要なお知らせ】『日中社会学研究』電子公開に関する告知(2013年8月)

日中社会学会は、昨今の学術情報の電子化の趨勢に鑑み、会員の研究成果を国内外に広く伝え、研究の発展とより開かれた学会活動を目指して、本学会誌『日中社会学研究』の電子公開を行うことになりました。

詳しい内容につきましては、 『日中社会学研究』電子公開に関する告知(pdfファイル) をご一読ください。

21世紀東アジア社会学(2013年3月)

21世紀東アジア社会学 第4号 (2011年12月)

この号から『21世紀東アジア社会学』の全文をウェブで公開しています。

『日中社会学研究』第20号の原稿募集について

日中社会学会員の皆様

『日中社会学研究』第20号の原稿募集を行います。 

投稿申し込みの締切:2011年12月9日(金)17時まで。

*ご氏名、ご所属、論文のタイトル、概要(200字程度)を、駒澤大学の李妍焱先生(編集担当理事)に、メールでご連絡ください。
*投稿に際しては、今年度までの会費が納入済であることが、
必要となります。

原稿の締切:2011年2月29日(水)

また、書評に取り上げてほしい本がありましたら、自薦、他薦を問わず、著者名、書名、出版社、出版年を、2011年12月9日までに李先生にお知らせください。

『21世紀東アジア社会学』の投稿規定

投稿規程
(1)『21世紀東アジア社会学』は、東アジアについて、世界の華人華僑について、及び、東アジアや華人華僑と関連づけて日本について論じられた論文、研究ノート、書評論文、研究動向論文などにより構成され、1年に1号刊行する。
(2) 投稿が可能なのは、日中社会学会会員および日中社会学会事務局が依頼した人とする。会員の場合、投稿する当該年度までの学会費が納入済みであることを条件とする。
(3) 投稿原稿は未発表のものでなければならない。
(4)『21世紀東アジア社会学』に掲載されたすべての原稿の著作権は、日中社会学会に帰属する。
(5) 投稿に際して、執筆要領は、日中社会学会事務局の指示に従うこと。
(6) 投稿原稿はE-mailの添付ファイルとして送付する。ファイル形式は、Ms-wordとする。
(7) 投稿論文は、日中社会学会事務局が委嘱した審査員の審査結果を考慮の上、事務局が設置した編集委員会が採否を決定する。
[付記]
(1) 本投稿規程の改定は、理事会の承認を得なければならない。
(2) 本投稿規程は、2008年5月1日より実施する。

日中社会学研究 18号の目次

日中社会学研究18号が刊行されました。
目次はこちらです。

『日中社会学研究』第19号 原稿募集のお知らせ 

日中社会学研究第19号の投稿申し込みを下記の要領で受け付けます。

締切:2010年12月10日(金)17時まで。
下記の駒澤大学の李妍焱先生宛にメールでご連絡ください。
(宛先は、メールマガジン28号に記載されています。)
原稿の締切は2011年2月28日(月)です。

また、書評に取り上げてほしい本がありましたら、
自薦、他薦を問わず、著者名、書名、出版社、出版年を、
2月28日までに李先生にお知らせください。

*投稿の際には、今年度までの会費納入が条件となります。
会費未納の方はお急ぎください。

21世紀東アジア社会学の目次