Archive for category その他News

「第一エリア前」(筑波大学中央または右回り)バス停からの道

バス停からの写真を順に示します。

バス停の前の横断歩道を右に渡ってください。



「大学公園」(大学循環左回り)バス停からの道

以下に順に写真を示します。

バス停から少し(50m位)戻ってください。




ニュースレター第77号(2017年5月 非会員用)

ニュースレター第77号

保護中: ニュースレター第77号(2017年5月 会員用)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 在外会員用振込み

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Tags: , ,

日中社会学会第28回大会自由報告の募集

日中社会学会第28回大会自由報告の募集

唐燕霞・坂部晶子(大会担当理事)

 日中社会学会第28回大会は、2016年6月4日(土)、5日(日)の両日、長崎大学において開催されます。
 つきましては、下記の要領で自由報告の募集をいたします。皆様からの多数のご参加をお待ちしております。

(1)報告申し込み(報告題目と概要)
期限:4月4日(月)
*準備の都合上期限厳守でお願いいたします。
方法:報告題目と報告概要(4~5行)を下記の大会担当理事へ、原則としてEメールで申し込んでください。所属、連絡先の電話番号及びFAX番号もお知らせください。

(2)報告要旨の提出
期限:5月7日(土)必着
方法:メール(添付ファイル)にて下記大会担当理事へ提出。
書式等:いただいたファイルをそのまま印刷しますので、書式を厳守してください。
①A4用紙横書き1枚。
②1ページ40字×40行。明朝体10.5ポイント。余白は、上下30㎜、左右28㎜。
③報告タイトル、氏名、所属を明記のこと。

*自由報告受付先
坂部晶子(名古屋大学)  sakabe_mgw#yahoo.co.jp
送信の際は、#を@に変えてください。

『21世紀東アジア社会学』第8号応募・執筆要項

(1)エントリーの締め切り: 2016年1月8日(エントリーシート)
    原稿の締め切り  : 2016年2月9日
    刊行時期(予定) : 2016年4月末
(2)使用言語:いかなる言語でもOK。
(3)書式:A4サイズで40字×40行(MS-word)
      余白は、上(35mm)、下・右・左(30mm)とする。
        英語等の欧文表記の場合も、1頁40行とする。
(4)枚数:参考文献、注、図表、写真等も入れて、18頁を超えないこと。
(5)氏名は、ローマ字表記での名前も、表記すること。
(6)英文タイトルも表記すること。
(7)論文要旨を、英語(300words程度)、中国語(400字程度)、日本語(400字程度)のいずれかの言語で作成すること。ただし、論文要旨では、本文で用いた言語とは異なる言語を用いること。
(8)著者校正は行わないので、完成原稿を提出すること。
(9)参考文献、注、図表などの執筆要領は、『日中社会学研究』投稿規定(http://www.japan-china-sociology.org/?p=425 )に準じる。
(10)第7号以降、雑誌の印刷はオンデマンドとする。論文掲載決定時に、雑誌印刷料を1冊につき1,500円徴収するので、希望する冊子数を学会事務局まで連絡すること。
(11)論文の投稿にあたっては、今年度の年会費まで滞納なく納めていることを条件とする。

エントリーシートのファイルはここからダウンロードしてください(docxファイル)

ニュースレター第74号(2015年10月 非会員用)

ニュースレター第74号 (2015年10月 非会員用)は、こちらです。

保護中: ニュースレター第74号(2015年10月 会員用)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

日中社会学研究 第24号(2016年6月刊行予定)の投稿エントリーについて

日中社会学研究 第24号(2016年6月刊行予定)の投稿エントリーについて
投稿を希望される方は、エントリー期間内にエントリーをお願いします。
下記の情報をyanyan■komazawa-u.ac.jp(編集担当理事・李)までご送付願います。
(■を@に変えて送信下さい)

1.お名前とご所属
2.投稿ジャンル(論文、研究ノート、書評)
3.原稿のタイトル
4.概要(400字程度)とキーワード(3つ程度)
5.ご連絡先(電子メール、郵便物の郵送先、電話番号)

エントリー期間:9月10日~20日
*エントリー期間にのみ受付し、確認のメールを返信いたします。
*なお、原稿の締め切りは、10月20日を予定しております。